草取りや剪定を行ない庭を常にきれいな状態で維持する

伐採と抜根の違いとは~抜根することで二次被害を防止~ 伐採と抜根の違いとは~抜根することで二次被害を防止~

庭は定期的に手入れしている~定期管理サービスを利用する~

草刈り機

業者に剪定や草取りの依頼をして、きれいにしてもらっても時間が経つと草木はまた伸び、また手入れが必要となります。毎回自分で手入れするのも時間と労力が必要になってくるため、その無駄を省きたいところです。そんな時は、定期的に業者に手入れをしてもらえるサービスを活用すると良いでしょう。

業者が手入れしてくれる定期管理サービス

定期的な手入れは業者に任せてください(専門業者)

定期的なメンテナンスを我々プロが行なうことで、常にすばらしい環境を維持することが可能となります。樹木の剪定や草取り、時には抜根も最も適切な方法で行ないます。極めて安全性の高い薬剤の使用により、樹木に害虫も寄せ付けません。また、樹木に害虫が再度発生した場合には、無料で駆除作業を行なうサービスも提供しています。年に7回程の定期管理によって、常に最適な状態を維持することが可能です。

ベストな状態を保てる

定期サービスを受けると庭をベストな状態で保つことができます。サービス前には庭の状況をまず把握するのです。庭の状態を把握後、肥料をやるタイミングや病害虫防除、手入れのタイミングを見計らいます。そして最も良いとされているタイミングに作業を行ない、完璧を目指すのです。また薬剤の使用は必要最低限で作業を行なっているため、人への健康被害を懸念することはありません。害虫が例え大量に発生したとしても、本当に必要であるというタイミングがこない限り使用はしないのです。芝生の健康にも気を配りますので、常に良い状態を維持することができるでしょう。また草取りなどの手入れ方法も教えてもらえます。

定期管理サービスって大体どれくらい

庭木の定期管理サービスに必要な費用は、庭木の高さによって異なってきます。高さが3メートルもないのであれば、1本あたり約1700円となります。高さが5メートルを超えるものだと1本あたり約9000円の費用が必要となってくるでしょう。

定期管理サービスを利用することによって、庭木を剪定して常にベストな状態を保つことができます。自分で手入れする時間がないという場合は、定期管理サービスを積極的に利用していきましょう。

TOPボタン