様々な剪定方法を知ろう~草取りを行なうタイミング~

伐採と抜根の違いとは~抜根することで二次被害を防止~ 伐採と抜根の違いとは~抜根することで二次被害を防止~

庭木の剪定を行う~手入れ方法はそれぞれ種類がある~

剪定方法の種類

切り返し剪定方法
枝の中でも古くなった枝を切り落とし、木を整えていきます。また傷んだ枝があれば、その傷んだ枝を切り新しい枝が生えてくるようにするのです。この剪定方法は、果樹の実を大きくしたい時に適した方法といえるでしょう。
切り詰め剪定方法
長くなった若枝や古枝の先を切り、樹冠の大きさを整えるための剪定方法です。樹冠の大きさを整えることによって木、全体の見た目が大きく変わります。全体的に整った見た目になるので、見映えが良くなることでしょう。
枝抜き剪定方法
木から枝は無数に生えてきます。あまりにも沢山枝が生えてくると、枝が混み合いもっさりとした見た目になってしまうのです。そんな不要な枝を取り除くのを枝抜き剪定といいます。無駄な枝を切り落とすことによって、日光も均等に当たるので、木の生長を促してくれるのです。

草取り手入れのタイミングっていつ頃

草取り手入れするベストなタイミング

草取りをする上でベストとされているタイミングは、草が小さい段階です。草が小さい段階では根も地面に大して広がっていないので、草取りをするのが簡単になります。また雨が降った後も草取りをするのに適しています。

草取り手入れを行う際の注意

草刈りする人

草取りをする時には服装に気をつけましょう。服装は夏場でもできるだけ長袖長ズボンで作業するのが良いです。あまりにも肌の露出が激しいと、虫に刺される恐れがあります。また熱中症の恐れもあるので、肌の露出は避けるようにしましょう。長袖長ズボンとはいっても、厚着をするということではありません。できるだけ風通しの良いものを用意してください。それ以外にも直射日光を避けるために、帽子も忘れずに用意することが大切です。

草取りを行なう際は、草取りに適した服装を心がけ作業をするようにしましょう。また草取りをする時はベストなタイミングを狙い行なうと作業効率も上がります。

TOPボタン